ブログ

Realize Mechanic Weblog

HONDAキャリパー ガンコート 
HONDA
CB400SF
ブレーキキャリパー
ガンコート依頼が入りました。



塗装前



これからブラストでしっかりとアルマイトを剥がし
脱脂をしてから塗っていきます。



塗装後





かなり綺麗な仕上がりになりました。


今回のカラーはチタニウム
NISSINの字の部分は人気のレッド&ブルーで塗り分けました。


純正ラインナップにありそうな素晴らしい仕上がりです。





フルードなどに触れても剥がれない高い耐溶剤性を持つガンコート
キャリパーの塗装にもってこいです。
豊富なカラーラインナップがありますので是非ご相談ください。

2020/09/23

SUZUKI キャリパー
SUZUKI
インパルス
リアキャリパー

ガンコート依頼が入りました。


来た時



経年劣化で塗装は割れ
アルミ地の部分は酷く腐食していました。


なので今回もバッチリウェットブラスト当てていきます。

ウェットブラスト後



本当にさっきのキャリパーと同じものかと
疑ってしまうほど綺麗になりました。


ここから脱脂して塗っていきます。
塗装後





今回は半ツヤブラックで塗りました。
純正塗装でありそうな色味が特徴です
いい仕上がりです。



今回のこの作業
全て含めて
8000円です。
かなりリーズナブルな価格だと思います!
キャリパーのオーバーホールついでに如何でしょうか??




2020/06/08

Z1000J ヘッドカバー
kawasaki
Z1000J
対策済み ヘッドカバー
ガンコートしました。

今回は純正風の半艶ブラックにします。



到着時は
塗装が大きく剥がれ
剥がれた部分は大きく腐食してしまっていました。




ですので
いつも通りブラストで綺麗にしていきます。




腐食も取れ綺麗になりました
このあと脱脂して塗っていきます。





到着時と比べると
かなり綺麗になりましたね!
どんな部品でも綺麗にできます。
お問い合わせお待ちしております。



2020/05/18

ブレーキディスク ガンコート
ブレーキディスク
インナー部分ガンコートしました。


今回施工するディスクは
インナー取り外しが不可能なディスク。
なのですが
綺麗にマスキングをし
ブラスト→脱脂→塗装していきます。

到着時




元はシルバーでした



塗装後


ホイールに触れる座面は
マスキングしました



見切りも綺麗に仕上げました。


今回は純正調に半艶ブラックにしましたが
派手なバイクはカラフルな色を塗っても良さそうですね!



2020/05/16

カテゴリ

Tokyo-Westブログ

最新記事
月別アーカイブ

042-686-2504

  • 在庫状況
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ
  • バイク販売
    • ブレーキラインメーカーHEL
    • オリジナルパーツ
    • サービス案内

Realize

住所
東京都八王子市本町29-19
営業時間
平日 : 10:00~20:00
定休日
毎週木曜日・レース&イベント日
年末年始
TEL
042-686-2504
  • 求人募集
  • 会社概要